埼玉県富士見市の内科・人工透析|おばら内科腎クリニック

おばら内科腎クリニック

  • 15km圏内送迎あり
  • 患者様専用ダイヤル

    0120290222

  • 診察予約はこちら

血液透析

血液透析とは

血液透析では、血液を体外に取り出し、ダイアライザーと呼ばれる透析器(人工腎臓)に通すことによって、血液をキレイにします。
体内にたまった尿毒症の原因物質や老廃物の排泄、 血液中のNa(ナトリウム)・K(カリウム)・Ca(カルシウム)といった電解質と 酸性・アルカリ性のバランスの維持、体液量の調節を代行し、血液をキレイにします。キレイになった血液は、再び体内に戻されます。

ダイアライザー(人工腎臓)

ダイアライザーは、中空糸という細いストローの側面に大量の小さな穴があいたものを数千から1万本程度束ね合わせたもので、その中空糸の中に血液を流し、中空糸表面の小さな穴を通して、老廃物の除去を行います。老廃物は、拡散及び濾過の原理により外側の透析液側へ移行します。中空糸膜の外側に透析液を循環させることにより、濃度差を利用して血液から老廃物を持続的に除去していく、また血液中に不足する重炭酸イオンなど身体に足りないものは透析液側から血液中へ流入します。ダイアライザーの中空糸は、赤血球、白血球、血小板、アルブミン、補体などの大事なものは通過させないよう膜穴の孔径は、それらの直径以下の大きさです。

ダイアライザーを介して行われること
  • 老廃物を取り除く
  • 余分な水分を取り除く
  • 電解質を整える
  • 血液が弱アルカリ性になるようにする

シャント

血液透析を行うには、大量の血液を体外に取り出す必要があります。大量の血液を容易に、安全に取りだすため、手術を行いバスキュラーアクセス(シャント)を作製します。慢性腎不全で血液透析を行うにはシャントが不可欠になります。シャントの作製には手術を行い、腕の静脈と動脈とをつなぎます。動脈の血液はシャントを通って静脈へ流れ、静脈の血管がふくらみます。このふくらんだ血管に針を刺して大量の血液をダイアライザー(人工腎臓)に送ります。

血液透析の特徴

通常、医療機関で行います。通院は週3回程度で、医療スタッフが治療を行います。1回の治療時間は4時間程度です。動脈と静脈をつなぎ合わせる手術で、静脈に多くの血液が流れるようにします(シャント)。
シャントに刺した針から血液をダイアライザー(人工腎臓)に送り、体にたまった余分な水分や老廃物を器械で取り除きます。
治療中に動き回ることはできませんが、患者さん同士でおしゃべりしたり、テレビを見たり、読書をして過ごす方が多いです。

ページトップへ戻る