埼玉県富士見市の内科・人工透析|おばら内科腎クリニック

おばら内科腎クリニック

  • 15km圏内送迎あり
  • 患者様専用ダイヤル

    0120290222

  • 診察予約はこちら

フットケア

透析患者様の足を看る必要性は?

透析患者さんは動脈が硬くなったり(動脈硬化)、血管にカルシウムがくっついたり(動脈石灰化)することにより、足の血流が悪くなりやすいといわれています。
血流の悪い状態で、足に傷ができるなどのトラブルが起きると、深いキズ(潰瘍)になりやすく、さらに透析患者さんは、免疫力が低下しているため、潰瘍に細菌がつきやすく、感染を起こし、その結果切断につながる可能性が高いといわれています。
当クリニックでは患者さんの足を守るため、フットケア指導士を中心に定期的なフットチェックやフットケアを行っています。早い段階で足のトラブルに気付くために、定期的に靴下を脱いで、足のチェックをしませんか?

気をつけなければいけない点

足の皮膚
  • タコ(胼胝)・ウオノメ(鶏眼)・靴擦れ・傷がないか
  • 足の指や足底の皮膚が剥がれていないか
  • 足に赤や黒く変色しているところはないか
  • 足の皮膚が乾燥しひび割れができていないか
足の爪
  • 爪が伸びすぎていないか
  • 深爪・巻爪がないか
  • 変色・変形がないか
足の感覚
  • 冷え・ほてり・むくみがないか
  • 表面の感覚が鈍くなっていないか
  • 痺れ・違和感・痛みがないか
  • 長く歩くと足が痛み、休むと治るかどうか

フットケアで行うこと

  • 洗浄
  • タコ(胼胝)・ウオノメ(鶏眼)のケア
  • 爪の周りや踵などの角質除去
  • 爪切り・ヤスリがけ
  • 保湿
  • 足の観察(自覚症状、靴の状態、足の変形、爪の状態を観察)

ページトップへ戻る